FXの売りからってなに?ないものを売るの?

FXでは、売りからという取引方法があります。入門したばかりだと、FXでまだ所有していない外貨をまず売る、という行為が一体どんなことなのか、ごちゃごちゃとして分からない人もいるかと思いますから、売りから始めるというFX独特の投資についてご紹介します。


FXの売りからは、借りて売る

まず、ないものを売るというわけでなく、借りてきて売るというように考えてください。ただし、この貸し借りでは絶対に同じ通貨を貸し借りするというルールがあります。FXでは売ることと買うことで、セットになっています。つまり買った外貨は絶対に売って手放しますし、売った外貨は買わないといけないということです。そのため、価値が高いときに先に借りて外貨を売る、価値が下がってから、その外貨を買うという形で利益を見込むことができるということになります。


差額を利益にする、これが買い戻す

FXで外貨を買い戻す、というのは価値が下がっているときに外貨を買うことで、外貨を安く多く買うことで差額が生まれます。もちろん、今後の価値が下がるか上がるか、というのはテクニカル分析や今の世界のニュースを参考にするものですから、価値が下がらない場合には損失が出てしまいますが、外貨為替トレードはこの繰り返しなのだそうです。