FXのレバレッジの設定はどうしたらいい?

FXではレバレッジという仕組みを利用することで、預ける証拠金に対して、最大25倍までかけて、大きくお金を動かすことを可能にしています。てこの原理を活用したこの仕組みは、少ない証拠金でも大きなお金を動かせるということもあり、そのため元手が少ないという入門者にも、投資の間口が広がったという声もあるそうです。


FXのレバレッジはトレード期間で変わる

まず、FXではトレードスタイルによって、得る利益や、考え方が大きく異なるものです。最初のうちはデイトレーダーなど、短期間でトレードを一回ずつ終了させていくスタイルを考える人が多いかと思います。このように最長でも一日以内に利益や損の確定をする短期間に行うトレード方法は、元手が少ない場合、レバレッジを少しだけかけて、効率よく利益を出すというスタイルが多いそうです。例えば10倍であれば利益も10倍である代わりに、損も10倍になるので、証拠金とのバランスも考えましょう。


トレード期間と反比例するもの

一般的にはトレードを行う期間とレバレッジは反比例すると考えられるそうです。長期トレードほど、低いレバレッジ、あるいはレバレッジはかけないという人が増え、短期であるほど、高いレバレッジをかけて直ぐに取引を終了させる人がおおきなる傾向にあるそうです。これはリスク管理ができない時間の大きな値動きでマイナスを出さないためという考えもあるそうです。