FXは口座を複数管理で、メリットだけを活かそう

FXを副業として選ぶ人が徐々に増加傾向にあるそうです。FX入門書などもたくさん本屋さんで見ることがあるかと思いますが、口座選びなどで悩んでしまう人も多いのではないでしょうか?外貨為替取引口座は、インターネットから気軽に開設できるということから、複数持っている人が多いそうです。


FX会社の個性をいいとこどり

FX口座を選ぶには、初心者はサポート面、もう慣れている人は手数料がかからないことやマイナー通貨などの扱いがあること、など、経験値によって条件は大きく変わってくるものですが、会社がもっている強み、というのはやはり分散化してしまうものです。そこで、会社ごとに違う特性を区別して、自分によって必要な情報だけを得るために複数管理を行うというわけです。


情報を得る口座、トレードをする口座

ニュースなどのリアルタイム配信に長けている会社があれば、サポート体制が充実している会社もあります。FXの初心者は、サポート体制の充実している会社でトレードを行うことで安心感も得られますから、情報などは別の会社から入手するという手段があるそうです。また、トレードにかかる手数料が少ない会社だけでトレードを行うことで、利益を大きくしているという人も増えていると言われています。

FXは練習を積んでから始める

投資をする時って、いきなり始めるのではなくて前もって調べたりしてから始めますよね?
急に始めてしまうと分からないことが出てきてしまった場合に困ってしまいますし、何かと大変になってしまいます。
ですので、FXを始める際にはデモトレードで練習してみるのがいいと思いますから、ぜひ練習してみて下さい。
どこでも出来るというわけではないみたいなので、デモトレードシステムのあるFX業者を選ぶことが大事!


FX初心者が気を付けたいこと

初心者が気を付けたいことは幾つかありますが、第一に注意が必要なのは業者選びだと思います。
自分に合ったFX業者を選ばないと使いにくかったり、取引をスムーズに行う事が出来ないので、ちゃんと比較をしましょう。
また、レバレッジを使いたいと考えている人は2~3倍にしておくのがいいらしいので、あまり高くしないようにして。
入門書などにも詳しいことが書いてあるので、スマホから調べてみることをオススメします。


利益の出し方は?

利益を少しでも多く出したい、これは投資をしている人達の多くが考えている事だと思います。
ですが、利益を出すためにたくさんの取引を行うのは良くないので、自分に勝ち目のある取引だけを選ぶようにして下さい。
FXは覚えるまでが大変ですが、覚えてしまえばあっという間に行えますし24時間好きな時に取引が出来るからいいですよ。

FXのレバレッジの設定はどうしたらいい?

FXではレバレッジという仕組みを利用することで、預ける証拠金に対して、最大25倍までかけて、大きくお金を動かすことを可能にしています。てこの原理を活用したこの仕組みは、少ない証拠金でも大きなお金を動かせるということもあり、そのため元手が少ないという入門者にも、投資の間口が広がったという声もあるそうです。


FXのレバレッジはトレード期間で変わる

まず、FXではトレードスタイルによって、得る利益や、考え方が大きく異なるものです。最初のうちはデイトレーダーなど、短期間でトレードを一回ずつ終了させていくスタイルを考える人が多いかと思います。このように最長でも一日以内に利益や損の確定をする短期間に行うトレード方法は、元手が少ない場合、レバレッジを少しだけかけて、効率よく利益を出すというスタイルが多いそうです。例えば10倍であれば利益も10倍である代わりに、損も10倍になるので、証拠金とのバランスも考えましょう。


トレード期間と反比例するもの

一般的にはトレードを行う期間とレバレッジは反比例すると考えられるそうです。長期トレードほど、低いレバレッジ、あるいはレバレッジはかけないという人が増え、短期であるほど、高いレバレッジをかけて直ぐに取引を終了させる人がおおきなる傾向にあるそうです。これはリスク管理ができない時間の大きな値動きでマイナスを出さないためという考えもあるそうです。

FX入門で知っておきたい専門用語

FXでは専門的な言葉がたくさん出てきます。日常的には耳にしない言葉も多いので、それだけで入門したばかりの人は、FXは難しいもの、と思ってしまうかもしれませんがそんなこともないそうです。投資を行う上で最初に知っておきたい基礎知識などをご紹介します。


FXのスプレッド

まずは誰もが、FX業者を選ぶことから始めるでしょう。FXでは取引手数料がかかる業者、かからない業者とありますが、かからない場合はどうやって利益を得るのか、ちょっと会社のことでも仕組みを知りたくなりますよね。外貨は会社を経由して売買しますが、このときの値段には同じ通貨に少しだけ差額があります。この差額がいわゆるスプレッドと呼ばれるもので、差額は会社が得ることにになっているので、手数料がいらないという仕組みです。会社も売るときは高く、買うときは安く、という様に損をしない売買を利用者と行っているのです。


スワップ金利、スワップポイント

スワップ金利などと呼ばれるものがあります。これはニューヨーク市場をロールオーバーしたときに発生する利息のことです。スワップポイント、スワップ金利と呼ばれる金利で、一日ではそんなにたくさんの金額はつきません。そのため長期トレードで金利での利益を目指すというのは、少し慣れた人などが多いそうです。この場合、レバレッジは低くするそうです。

FXの売りからってなに?ないものを売るの?

FXでは、売りからという取引方法があります。入門したばかりだと、FXでまだ所有していない外貨をまず売る、という行為が一体どんなことなのか、ごちゃごちゃとして分からない人もいるかと思いますから、売りから始めるというFX独特の投資についてご紹介します。


FXの売りからは、借りて売る

まず、ないものを売るというわけでなく、借りてきて売るというように考えてください。ただし、この貸し借りでは絶対に同じ通貨を貸し借りするというルールがあります。FXでは売ることと買うことで、セットになっています。つまり買った外貨は絶対に売って手放しますし、売った外貨は買わないといけないということです。そのため、価値が高いときに先に借りて外貨を売る、価値が下がってから、その外貨を買うという形で利益を見込むことができるということになります。


差額を利益にする、これが買い戻す

FXで外貨を買い戻す、というのは価値が下がっているときに外貨を買うことで、外貨を安く多く買うことで差額が生まれます。もちろん、今後の価値が下がるか上がるか、というのはテクニカル分析や今の世界のニュースを参考にするものですから、価値が下がらない場合には損失が出てしまいますが、外貨為替トレードはこの繰り返しなのだそうです。

FXが副業に向いている理由はあるの?

FX入門書などによく書いてあるうたい文句に、副業で空いている時間に!などのことばがありますよね。副業として外貨為替の今後を予想するトレードをあいている時間だけで行うことができるというのは、どのような理由から言われるのかを考えてみましょう。


FXは24時間バーチャルチャートで投資ができる

FXには証券取引所がありません。世界のチャートを時間ごとに移動しているという考え方をされています。そのため、24時間、世界のどこかでトレードができるということから、自分の空いている時間を活用できるということが、大きな特徴として挙げられることが多いそうです。株の場合は15時に市場が閉じてしまいますから、時間を問わずに売買ができるというのは、確かに副業で行う余裕が見えてきそうですね。


初心者でも利用しやすい分析がある

FXでは、初心者が利用しやすい分析方法というものがあります。テクニカル分析と呼ばれる方法で、これは外貨の値動きを、過去のデータから割り出すというものです。今までにないニュースなどには弱いのですが、これから外貨の動きと世界のニュースの関係を勉強したいという人でも、比較的、容易に予想ができるという声もあるそうです。情勢などを参考にする方法はファンダメンタル分析と言われています。